債務整理案件の1つ1つを徹底レビュー

多重債務者の借金解決は債務整理弁護士にお任せ!

多重債務状態に陥ってしまったら?

山積みの本消費者金融等のカードローンを1社からだけ借り入れしているのではなく、4社も5社も借入先がある方を多重債務者と呼びます。
そうなった原因とは、限度額一杯に利用していてそれでも足りないから借入先を増やしてしまう、こういうケースが多いです。
また借金の返済が滞りそうだからそれを自分の収入からではなく新たな借入先を探して借入先がどんどん増えてしまったなど、多重債務に陥るにはさまざまな理由があります。

多重債務は債務者個人の力では抜け出せない

借入先が多いと、どのような弊害が起きるかというと、返済先が多いことで返済管理が難しくなることです。
それぞれの借入先で、返済方法や返済金額、返済場所、返済日、契約内容も違うのですから返済管理をきちんとしていないと支払期日をつい遅れてしまってということがあります。
返済ができずにいると、返済がどんどん先延ばしになって利息だけが膨らんでいってしまいます。

債務整理のメリット・デメリットについてもプロが相談にのってくれます

借金をどうにかしたいという場合、債務整理が一番最初に思い浮かびますが、債務整理を一度してしまうと信用情報機関にブラックリスト、つまり事故情報として登録されてしまいます。
そうなると、今後の借り入れが難しくなるだけでなく、携帯電話の契約やクレジットカードの作成、住宅ローンが組めなくなる、家を借りるのも難しくなるといったことが起きてきます。
債務整理は最後の手段として、まずはおまとめローンなどで金利の低いローンが利用できないかを検討することです。
これについては債務整理弁護士に相談すると良いでしょう。

おまとめローンや債務整理しない解決方法なども提案してもらえます

おまとめローンを利用することで、借入先をひとつにすることができるだけでなく、これまでの借り入れしていた金利よりもさらに低い金利で融資が受けられます。
利息の返済金額も軽減されることになりますので、まずはおまとめできないかそれでもだめなら債務整理を検討します。
弁護士は債務整理のプロフェッショナルです。
どんなケースであったとしても力になってくれます。安心してお任せください。

最新のケーススタディ