銀行系カードローンとはどのようなものか

キャッシングでのお金の借り方

カードローンは非常に使い勝手の良い金融商品であるために、様々な金融業者が提供するようになってきています。
お金を借りる側からしてみると、一度審査に通ってローンカードを発行してもらうことができれば、その利用限度額の範囲内で何度でも無審査でお金を借りることができるわけですから、とても便利です。

いつでもどこでも借りられる利便性

また、このローンカードを所持しているだけで何らかの費用が発生するシステムになっている業者はありませんので、あらかじめカードを作っておいて緊急時に備えておくという利用法をすることも可能です。
とても人気の高い金融商品であるために、いろいろな金融業者がカードローンを発行しています。
たとえば、大手都市銀行や消費者金融が発行しているケースが多いのですが、俗に言う銀行系カードローンと銀行カードローンの違いがよくわからないという人が少なくありません。

銀行カードローンと銀行系カードローンの違い

 この2つのカードローンの違いは、まさに読んで字の如くだと言うことができるのですが、銀行カードローンは銀行自体が運営しているカードローン商品のことを指しています。
これに対して銀行系カードローンというのは、銀行のグループ企業になっている消費者金融カードローン会社が運営しているカードローンのことを指します。
貸金業法の改正によって消費者金融各社が大きな経済的ダメージを受けた結果、大手都市銀行の子会社になったり、事業譲渡して自らは解散してしまう消費者金融が続出しました。
その結果、自社のグループ内に消費者金融会社を擁する銀行がたくさん現れるようになったのですが、そのような会社が運営しているカードローンのことを、銀行自体が運営しているカードローンとは区別する目的で、銀行系と呼ぶのが一般的となっています。