カードキャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングもカードローンもお金を借りるのは同じ

ここでは、キャッシングとカードローンの違いについて、初心者の方にもわかりやすく説明していきます。
出張先で急にホテルに泊まらなければならなくなったり、結婚式が重なったり、突然の怪我や病気で病院に行かなければならなくなったなど、急な出費に見舞われてお金が必要になり困ってしまったという経験をされたことのある方は少なくありません。
そのようなときに助かるのが、キャッシングやカードローンのサービスです。
借り入れの申し込みをすれば、すぐに必要なお金を借り入れることができるので、急な出費にも対応でき、とても便利です。

クレジットカードやキャッシュカードの借り入れ機能

 キャッシングとはどのようなものかといいますと、キャッシュカードやクレジットカードに付いているキャッシング機能を使って、キャッシュディスペンサーやATMからお金を借りることができるサービスのことをいいます。
借り入れたお金の返済方法については、一般的に一括払いになっている場合が多いです。

純粋にお金を融資してもらうカードローン

 カードローンとはどのようなものかといいますと、クレジットカードやキャッシュカードを使って、金融会社の店舗の窓口はもちろんのこと、金融会社と提携している金融機関に設置されているATMやキャッシュディスペンサーを利用して、利用限度額の範囲内で何度でも融資を受けることができるサービスのことです。
借り入れたお金の返済方法については、一括払いではなく分割払いやリボルビング払いになっている場合がほとんどとなっています。

大きな違いは返済方法

 つまり、キャッシングとカードローンではどこが違うのかというと、その返済方法にあります。
ですが、最近ではキャッシングでもリボルビング払いに対応している会社が増えてきており、はっきりとした違いが無くなってきています。