キャッシング体験を通してわたしが学んだこと

専門学校生でもキャッシング

わたしのはじめてのキャッシングの体験は専門学校の頃でした。
一人暮らしで東京に住んでいたのですが、当時遠距離恋愛をしていて、毎晩のように携帯電話で彼氏と電話をしていました。
当時は通話料定額などもありませんでしたので、毎月の電話代は4万円を超えていました。

電話代のマイナスを借金でカバー

アルバイトや仕送りではまかないきれなくなり、とうとうあるお店の会員カードについているキャッシング機能を利用してキャッシングをしました。
はじめは1万円、その次は2万円と徐々に増えていきました。
就職活動が始まり、バイトが出来なくなってからはまさに自転車操業状態でした。
そのまま就職をしてからは消費者金融でキャッシングをするようになりました。

自転車操業の日々からの脱出

カードローンでは無利息で30日借りれるのでということで給料日までと思い3万円借りてから学生の頃に作った借金の返済を行いました。
給料日がくると返済、そしてキャッシングと就職してからもその生活は変わりませんでした。
このままではいけないと思い、借りることを極力やめ返すことに必死になりました。
ふくれあがった借金は30万円程でしたが思ったよりもすぐに返済することが出来ました。

とにかく本気になれば借金は返せる

今では完済してキャッシングのお世話になることはありませんが、この経験でわたしが学んだのは、『返そうと思えば返せる」ということでした。
返してからまた借りれば良い、という考えでは決して借金は減りません。
減らないどころか元金が返せず利子が増えるだけなのです。
ただ、返すということを考え、計画をすれば思った以上に早く返すことが出来るのです。
キャッシングはとても便利ですし、手軽に借りられるのでいざという時に頼りになります。
だからこそ、しっかり返すことを考えて計画的に利用しなければいけないのだと思ったわたしの体験談でした。