事業成長のための良い借金(融資)がある

借金には良い借金と悪い借金がある

不動産投資を行うための借金は必ずしも悪いことではありません。例えば、一生懸命働いて1000万円貯金があるとします。そこで、区分所有マンションの一室へ投資をして家賃収入を得ようとします。そのマンションの価格が1000万円の場合、貯金を全額使って購入してももちろん構いません。しかし、全額購入の資金に充当してしますと、貯金がゼロとなってしまい不安な毎日を送ることになりかねません。

借り入れは融資を受けると言うこと

そこで、金融機関から投資用マンションの購入資金を借り入れるのです(=借金をすることになります)。当然、借入れをするわけですから元本と利息を毎月金融機関に返済しなければなりません。
この返済資金を「家賃」で行うのが不動産投資の醍醐味です。具体的にみていきましょう。

家賃所得を狙う不動産投資

年間の家賃収入が120万円あり、年間の金融機関への借入金の返済額合計(元本と金利の合計額)が60万円とすると、このマンションを1000万円で購入することにより、60万円の収入が得られることになるわけです。注目していただきたいのは、自己資金(貯金)を使うことなく、金融機関から借入れをすることで、新たに60万円の収入を生み出しているという事実です。
このように、借入れをすることは必ずしも悪いことではないのです。企業が事業を成長するために借入れをする場合にも、不動産投資の場合と同じ理屈ということになります。

悪い借金は収益を生まない借金

同じ借入れでも、収益を生まない借入れは「悪い借金」です。例えば、収益化の目途が立たない事業なのに必要以上に採用を行ってしまっており、その従業員への給料支払いのために借入れをするような場合がこれにあたります。
借入れをする場合には、そのお金が新たな収益を生み出すのか否かを十分に検討する必要があります。