債務整理についての解説

債務整理とは?

債務整理というのを簡単に言ってしまえば借金の返済がこのままでは不可能という状態になった際に、債権者と話し合いをしたり裁判を挟んで債務の減債や免除を行うという物です。
 種類としては概ね3つあり任意整理と民事再生そして自己破産というのがあります。

任意整理と民事再生と自己破産の特徴

自己破産とは?

 一番借金が減る債務整理は自己破産であり、逆にへる量が少ない物は任意整理となっているのですが、これらにはそれぞれメリットとデメリットがありどれが得かというのは言えません。
 一番借金がへる自己破産というのは資産状況や収入などを考えて完ぺきに借金の返済が不可能となる「支払不能」に陥ったと裁判所が認定した場合、完ぺきに債務が免除されます。
 但し債務整理の前に現金20万円と生活に必要なための財産以外の財産ははすべて没収され競売にかけられ債務を減らす努力が行われますし、警備員などの一部の職業への就労に対して制限が定められます。

民事再生とは?

 次にへる量が多いのが民事再生と呼ばれる物で、これは完ぺきな免除ではなく総額の5分の1を目安に減債が行われるという物です。
 なので民事再生を行う条件としては5分の1に減った債務を返済できる程度の支払い能力があるという条件があります。
 民事再生のメリットは資産を競売にかけるという事は行わずまた資格制限も存在しないという物で、逆にデメリットとして減債なので借金が0になる事はなく住宅ローンなどは支払う必要があるという事です。

任意整理とは?

 そして一番減る債務の量が少ない物に任意整理があります。これは裁判を経由せず、借り手と貸している業者での話し合いの上で減債などを行うという物です。任意整理のデメリットは債務の減債額がどうしても少なくなるという所に有るのですが、逆にメリットとして民間同士での話し合いなので、利子を減らした上に元金を親族から借りて一括返済するという方法であったり、保証人が付いていて滞納すると迷惑がかかる物は払い続けるなどと言った柔軟な整理が出来るという所にあります。